マインド

楽に生きる方法。楽じゃない理由がわかれば幸せになれる。

投稿日:

楽に生きる方法。楽じゃない理由がわかれば幸せになれる。

「生きるのが辛い。もっと楽に生きたい。」
「どうしてあの人は楽そうに生きているのに、私は楽に生きられないのだろう?」

こんな風に悩んでいる方、多いですよね。

「楽に生きたい。でも楽になんて生きられない!」というのは、誰でも一度は悩むことなのかもしれません。

でもいつも楽しそうに、苦労がなさそうに生きている人も多いと思いませんか?

どうして、楽に生きられる人と、楽に生きられない人がいるのか不思議に思いますよね。

このページでは、楽に生きられる人と、楽に生きられない人の違い、理由を紹介し、楽に生きる方法も書いています。

今、「もっと楽に生きたい!」と感じている方は、ぜひ最後まで読んでください。

楽に生きる方法を知る前に、楽じゃない理由を知る

楽に生きる方法を知る前に、楽じゃない理由を知る

人生を楽に生きられないのは、理由があります。

楽に生きることができない理由を知れば、人生の辛さは軽くなり、自然と楽に生きられるようになるでしょう。

そのため、まずはあなたが楽に生きられない理由を探ってみてください。

よくある楽に生きられない人の理由

  • 完璧主義
  • 理想が高い
  • 他人への期待が大きい
  • マイナスなことばかり見ている
  • 自分のことを否定している
  • 白黒つけたがる

完璧主義

どんなこともパーフェクトにしないと気が済まない完璧主義。

いつでも完璧であり、ミスを許さないような性格だと、どうしても人生は楽ではなく生きづらいものになります。

また人によってはずべてのことにおいて完璧主義なわけではないけど、ある部分だけは完璧じゃないと気が済まないという方も多くいます。

そんな部分的な完璧主義であっても、何かミスや不具合があった時に欠陥を許すことができず、心がリラックスすることからかけ離れてしまいますよね。

そんな状態では、「楽に生きる」ということからはどんどんかけ離れていってしまうでしょう。

理想が高い

人生はもっと輝いているはずだ
私はもっとできるはずだ

などというように、いつも理想が高すぎる位置にある人は、なかなか理想通りに人生が進まないためにいつも不満が募り、人生が楽だと感じることはできません。

他人への期待が大きい

これは有能な人に多いのですが、自分ができることは他人もできて当たり前と思ってしまい、他人に過度の期待をしてしまう人のこと。

他人にも自分と同じレベルを求め、できて当たり前だと思っているので、他人ができなかったり、ミスを犯すと許すことができません。

そのためいつもイライラしていることが多く、楽に生きると感じることは難しいタイプです。

マイナスなことばかり考えている

マイナス思考の人、不安感が強くて未来への恐怖心が大きい人は、いつも人生が苦しいものだと考えがちです。

自分のことを否定している

自己評価が低く、常に自分を責めて否定している方は、人生を楽なものとは考えにくいでしょう。

楽に生きたいと思っていても、「どうせ私は...」という枕詞で始まる自分責めが多く、「楽」とは真逆の思考を持つことが多いです。

白黒つけたがる

どんな物事もはっきりと白黒つけて解決したがる方は、この世で生きるのは大変なことが多く、イライラするシーンが多いのではないでしょうか?

なぜなら、この世で白黒はっきりと分けられるものは、果たしてどれほど存在しているのか...むしろグレーなことが多い世界。

はっきりと答えがわからないと気が済まないのは、不安が強いせいです。よくわからないことを保留にしておく、というのはとても勇気がいることなんです。

楽に生きるための方法

楽に生きるための方法

ここまで読んで、楽に生きたいのに生きられない理由はお分かりになりましたか?

上記で挙げた以外の理由ももちろんあると思いますが、まずは自分がなぜ楽に生きることができていないかを探ることが重要です。

その理由を知らないままでは、これから書く楽に生きるための方法を実践しても、なかなか楽に生きることは難しいでしょう。

なのでまずは、じっくりと自らと対話をして楽に生きることができていない理由・原因を見つけてくださいね。

さて、ここからは楽に生きるための方法を具体的に紹介していきます。

楽に生きるための方法

  • 自分のマイナス部分を認める
  • 自分を責めない
  • 「まあいいか」と呟けるようになる

自分のマイナス部分を認める

自分のことを有能で、素晴らしい人間だと思い、それを他人にもわかってもらおうと行動し続けるのは、とても辛いものです。

見栄を張ったり、無理をして、本来の自分のレベルよりもはるかに高いレベルの人間を装うとしてしまうと、必ず無理が生じ、物事はうまくいかなくなります。

常に無理をして頑張りすぎているから、当然ながら楽に生きられるわけもなく、人生は辛いものになってしまいますよね。

常に虚勢を張って生きてしまう人は、ありのままの自分、自分のマイナス部分を認め受け入れましょう。「自分に諦める」とも言えます。

「私はもっと優秀だと思ってたけど、実際のところは平凡な人間なんだ」と、等身大の自分を受け入れることができると、肩の荷が下りたように体が軽くなります。

平凡なあなたのままで、充分なんです。もう見栄を張ったり、無理をするのはやめてみませんか?

自分を責めない

どんなことでも「自分が悪い」と自分を責めてしまったり、「どうせ私は〇〇だから...」とすぐに自分を下げずんだりしていませんか?

自分のことを常に責めている人は、いつもビクビクして他人の顔色を伺って行動しやすくなります。

そのような生き方をしていたら、楽に生きることはきっと難しいですよね。

自分を責めるのは小さい頃からの癖であることが多いので、もしも責めてしまっていることに気がついたら、「おやおや、私はまた私を責めているな」と自覚してみてください。

無理に「責めちゃダメ!」と否定することはありません。その否定も自分責めになりますから^^

責めやすい自分、責める癖のある自分に気がつく。それだけで大きく人生の流れは変わりますよ!

「まぁいいか」と呟けるようになる

何か嫌なことがあった時、うまく物事が進まない時、「まぁいいか」と呟ける人は楽に生きることができている人でしょう。

これはおまじないの効果もあるので、ぜひうまくいかないと感じるときは、声に出して「まぁいいか」とつぶやいてください。

最初はつぶやくのさえ辛い時がほとんどだと思います。でもおまじないだと思って、頑張って声に出すのがオススメ!

他人に期待しない

一緒に仕事をしている人や家族にはついつい過度な期待をしがち。

でも自分は自分。他人は他人。と考えて、周囲の人に期待をするのはもうやめましょう。

期待をすれば、期待通りにいかなかったときは苦しさを感じてしまいます。

人それぞれに考え方があり、得意不得意なことがあります。決して自分一人の価値観で他人を測ることはできないのです。

他人を尊重できる人は、自分のことも尊重できる人。つまり他人に厳しい人は自分にも厳しいんです。

「自分には甘くて、他人には厳しい」という人もいますが、それは本人が自分への厳しさを気づかないようにしているだけ。

表面的には自分に甘い言動をしていても、深層心理では常に自分を責めているのです。だから表面的に目に見える他人に厳しく当たってしまうんですね。







\応援してね!/
PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

spikoko

子供の頃から目に見えない世界・存在を自然と信じており、大人になってからは自分で学びを深めると共に、不思議なことを体験したり、不思議な仲間に囲まれるようになりました。 「視点を変える」「今ここを生きる」ということで人生がこんなにも変わるんだよ!諦めないで!ということを過去の自分のように悩む人たちに伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

-マインド

Copyright© スピココ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.