マインド

死にたい理由もないけど生きたい理由もなかったときに受け取ったメッセージ。

投稿日:

死にたい理由もないけど生きたい理由もなかったときに受け取ったメッセージ。あなたは今、本気で生きていますか?そして生きる理由はなんですか?

こう聞かれて、すぐに答えられる人はどれくらいいるのでしょうか。私は数日前まで、答えられませんでした。

私には今のところ幼い子供がいるので、子供たちを育てる責任があるのと、将来子供たちがどんな大人になるのかを見るのが楽しみ…だから、生きている。

生きる理由は、そんな風に思っていました。

生きる楽しみを見失う

先月、私は36回目のの誕生日を迎えました。そして誕生日の日に考えたことは、

もし20年後に子供たちが成人して巣立った後、私はどんな生活をしているのだろう?そして10歳年上の夫もいなくなったら、どういう生き方をするのだろう?

ということでした。

今の私は子育てに忙しいし、仕事も頑張っています。子育ては親としての責任だし、仕事は家族と遊びに行ったり不自由のない暮らしをしたいから、頑張っているんです。家事は嫌いだけど、子供や夫のために、食事もバランスを考えて用意しています。

だけど、私がもし一人暮らしになったら。ご飯は毎日納豆や食パンのトーストだけで満足しそう。そして一人だったら遊びに行きたいと思うこともなさそうだし、質素な暮らしで充分。だから必要最低限のお金しかいらないから仕事もやる気がしない。

そうなったら、死にたい理由もなさそうだけど、生きたい理由もなくなりそう。

と思ったのです。

本気度が伝わってこないと怒られる

話は少し変わりますが、先月から、とある知人から怒りのメールが届くようになっていました。

昨年から私は家探しをしているのですが、その方は、家探しを手伝ってくれている男性です。

かれこれ1年ほどの付き合いになる方で、とても穏やかなおじさんだったんだけど、突然豹変!長ーい怒りのメールを私に送ってくるようになりました。

その内容は、

私が家探しを本気でやってない!そんなんではいつまでたっても見つからないよ!ずっと本気度が伝わってこない!

というもの。正直怒られる筋合いはないことで意味がわかりませんでした。

今まで穏やかだった方が、急に怒ったメールを送ってきたことにびっくりしたのと、私は本気で探しているのに何故そんなことを言われるんだろう?と不思議な気持ちでいっぱいになりました。

その後、何回かやり取りをして、私が本気で家を探していると伝えました。だけど結局最後まで、本気になってない!と怒られるばかりで、そのまま連絡をたつことに。

目の前の出来事、人物は全て自分の鏡

私は世界は鏡であると信じています。世界は私たちの内面の鏡です。だから、腹の立つ出来事や、嫌いな人物も全て自分です。

そんな考えのもと、今回の怒られたエピソードに、どんなメッセージが含まれているのか探りました。

私は、信頼していた方が急に理解してくれなくなったようで、とても残念に思いました。腹がたつより、残念な気持ちが強かったんです。

世界は鏡。目の前の人物も鏡。つまり、怒ってきた知人は私であり、知人の言葉は私が私に対して言っている怒り。

本気でやってない!本気度が伝わってこない!

これは、家探しを通しての言葉だけど、本当は、私が私の人生を本気でやってない!というメッセージだと気がつきました。

なぜなら、私が死にたい理由もないけど、生きたい理由もないと考えるようになった時期と、知人が急に怒り出した時期が同じだったからです。

生きたい理由は自分のために創るもの

今の私が死にたい理由がないのは、今が幸せだからです。不自由なことがないので、特に死ぬ必要はないんです。

だけど心から喜ぶような、情熱を感じること、楽しみなことがありません。だから生きたい理由がないと思っていました。

だけどそれって、他力本願で、ただの逃げ。もっともっと自分が感動することを、自分のために創造することはできるのに、それをやらずにいたんです。

このことに気がついたら、エネルギーが胸の奥からジワジワと湧いてくるのがわかりました。とても静かだけど、熱さを感じるエネルギーです。

私が喜び、感動するために、私が私のために努力をする。私はそのために生きたい!本当はもっともっと感動したい!まだまだ死にたくない!

そんな思いが湧き上がりました。

本気で生きていますか?

今、あなたは本気で生きていますか?そして生きる理由はなんですか?

このページの一番最初に書いた質問ですね。

本気で生きるって、そもそもどういうことなのか、どうしたら本気と言えるのか、難しいことです。少し前の私なら、答えられませんでした。だけど今は、こう答えます。

私は、本気で私を感動させるために生きています。

自分がつまらない人生を送っているのは怠慢だからです。

生まれたときから貧しかったり、恵まれない環境で育ったら、つまらない人生になって当たり前。という方もいるかもしれません。

だけど今の私はその立場にいません。貧しくもないし、恵まれない環境にいるわけではない。それなのに人生がつまらないのは、怠慢。自分を喜ばせるような努力をしていないし、創造力が足りない。つまり、本気で生きていないってことです。

世界には、自分の人生に本気で体当たりしてる方が、どれくらいいるのでしょうか。私のように逃げている人の方が、多いのだと思っています。

本気になる怖さを乗り越える

本気になって頑張ったのに、失敗したら、すごくカッコ悪いし惨め。だから本気にならない。ほどほどの人生で満足。

これは今までの私の気持ちです。本気になるって、どんなときも怖いことです。負けるくらいなら最初から勝負をしない。

「私、競争って苦手〜」と若い頃の私は本当に言っていました。

だけど、カッコつけてる姿ほどカッコ悪いことってないんですよね。

自分のために本気で生きる。このことについてじっくりと考えてみませんか?







\応援してね!/
PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

spikoko

子供の頃から目に見えない世界・存在を自然と信じており、大人になってからは自分で学びを深めると共に、不思議なことを体験したり、不思議な仲間に囲まれるようになりました。 「視点を変える」「今ここを生きる」ということで人生がこんなにも変わるんだよ!諦めないで!ということを過去の自分のように悩む人たちに伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

-マインド

Copyright© スピココ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.