\理想の人生を引き寄せる方法公開!/

読者1万8,000人突破!
期間限定・今だけ無料プレゼント!

1,『潜在意識を書き換える方法』超実践保存版
2,『メンタルブロックを取り除く技術』一流心理セラピスト秘伝動画

マインド

人を苦しめた人の末路とスピリチュアルな意味

投稿日:2021年12月7日 更新日:

人を苦しめた人の末路とスピリチュアルな意味

この記事では、人を苦しめた人の末路とスピリチュアルな意味について書いています。

思いやりのない行動や、自分勝手な言動で他人を苦しめた人の人生の末路は一体どのようなものになるのか...ちょっと気になりますよね。

もし身近な人に苦しめられた経験のある人なら、一層のことその相手がどんな人生を送るのか知りたいのではないでしょうか?

そして人を苦しめるような人は、スピリチュアルな意味はどんなものなのか、調べてみました。

こんな方におすすめ

  • 人を苦しめた人の末路を知りたい
  • 人を苦しめた人のスピリチュアルな意味が気になる
 

人を苦しめた人の末路とスピリチュアルな意味

人を苦しめた人の末路とスピリチュアルな意味

周囲の人を苦しめた人の末路はどんなものなのか、そしてどんなスピリチュアルな意味があるのか、まず知っておきましょう。

人を苦しめた人の末路は主に二つのパターンに分かれます。

  1. 罪悪感を感じ、自らの行為を後悔する
  2. 罪悪感を全く感じないまま生きる

前者のパターンは、若気の至りや未熟なために人を傷つけてしまった場合が多いでしょう。

そのような失敗は誰でも一度はあるもので、みんな1つくらいは罪悪感を感じている行為があるのではないでしょうか。

ですが、人を苦しめたにも関わらず、全く罪悪感を感じないまま生きる人もいます

そのような人は身勝手な人と言えますが、スピリチュアル的に見れば魂が未熟な人とも言えます。

 

人を苦しめた人の末路は悲惨とは限らない?

人を苦しめた人は、みんな悲惨な末路を迎えるのでしょうか?

苦しめられた側からすれば、許すことはできず、一生悔やんで反省してほしいと願う場合もあるかもしれません。

若い頃や人間的に未熟な場合、意図せず人を苦しめた経験は誰でもあるはずです。

または自分ではそんなつもりはなかったけど、知らぬうちに人を苦しめ、後になっても気がついていなこともありそうです。

それがどれほどの苦しみを与えたのかの度合いにもよって、人生の末路は変わります。

人を苦しめれば、必ず自分に跳ね返ってきますし、蒔いた種は自分で刈り取らなければならないので、同じように自分も将来苦しめられる経験をするでしょう

ですがそれが根性とは限らず、もしかすると来世や亡くなった後に苦しむ場合もあるようです。

 

 

悪意を持って人を苦しめた人は寂しい晩年に

人が苦しむことがわかっているのに、わざと悪意を持って人を苦しめた人は、寂しい晩年を送ります

なぜならそんな意地悪な人は誰からも信頼されず、友達や家族からも見放されてしまうからです。

誰だって優しい人と付き合いたいですし、性格の悪い人とは距離を置きたいですよね。

そのため、人を苦しめた人は少しずつ友人や大事な人から避けられ、孤独になっていってしまうのです。

そのことに途中で気がつき、改めることができればいいですが、もしも自分を顧みることができなければ、その後もずっと身勝手な言動を続け、ますます孤独になっていってしまいます。

 

人を苦しめた人を許せない場合

誰かに苦しめられたら、誰だって恨みを持つのは当たり前ですよね。

例えば

  • 大好きだった恋人に浮気をされる
  • 友人に恋人を寝取られる
  • 友人にお金を騙し取られる
  • 自分だけ仲間外れにされた
  • 会社でモラハラやパワハラにあった

など、さまざまなケースがありますが、どんな苦しみでも、それを乗り越えることは大変なことです。

 

スピリチュアル的に見ると、演出かもしれないと視点を変える

ですが、スピリチュアル的に見ると、自分を苦しめる人はわざわざ嫌な役を買って出てくれている可能性もあるんです

浮気した恋人は、あなたを苦しめ魂を成長させるためにわざと浮気をしたのかもしれません。

そして相手も、あなたを苦しめてしまったことを後悔したり、苦しんでいる可能性もあり、その葛藤で魂を成長させようとしている可能性もあるんです。

だからいくら許せない相手であっても、相手の不幸を願ったり、呪いをかけるようなことは絶対にやめましょう。

それはいつか必ず自分に降りかかります。

 

恨むのは良くないが感情を感じることは大事

もし苦しめられた相手を許せないとしても、恨むのは良くないですが、ちゃんと悲しさや怒りといった感情は感じ切りましょう

その感情を抑圧すると、逆にいつまでも引きずってしまうことになるからです。

感情は湧いては消える、風のようなものです。

だから無理に抑圧する必要もないし、毛嫌いする必要もありません。

恨むほど怒りを感じても、それは悪いことではないのです。

ただその恨みを呪いなどの行為に移すのは話が違います。

 

 

人望のない人は幸せにはなれない

人をわざと苦しめるような人は誰からも信頼されないし、要は人望がない人という末路を迎えます

でもこの世界で生きるためには、どれだけ人から慕われるか、協力し合えるか、というのはとても大切な要素ですよね。

多くの友達を作る必要はないけど、深い付き合いの友人や、愛し合えルカ族がいるだけで、人は幸せを感じるものです。

だから人望がない人は、最終的には不幸になりやすく、人を苦しめた人も、その行いを顧みることがなければ幸せにはなれない、と言えるでしょう。

 

苦しい出来事が連続するのは何かのメッセージ

もしも「いつも私は誰かに嫌なことばかりされて、苦しむ出来事ばかり...」という方は、それは魂からのメッセージです

この世は全て投影なので、あなたの何かがそこに投影されているのです。

投影が起こる理由は、あなたにあなた自身のことを知ってほしいから。

例えばいつも苦しい思いをする人は、どんなことで苦しいと感じるのか、どんなパターンがあるのか、しっかりと見てみましょう

例えば、いつも裏切られる...という人は、他人軸で生きていて、自分の本当の気持ちをスルーしているから、相手の本心を見抜けないのかもしれません。

またはいつも浮気をされる人は、自分はその程度の人間だと自己価値を下げていたり、浮気をされることで自分が悲劇のヒロインのようになれることを、潜在意識で望んでしまっているのかもしれません。

ちょっとわかりにくいのですが、そんなふうにして魂は私たちにいつもメッセージを送っているんです。

そしてそのメッセージに気がつくと、あっさりその悩みが解決することは多いのです。

 

\潜在意識を書き換える方法プレゼント!/
「引き寄せの法則がわかった!」「知りたかった魂の使命がわかった」などの嬉しい声が多数!

読者1万6,000人突破!
期間限定・今だけ無料!

★プレゼント1
『潜在意識を書き換える方法』超実践保存版

★プレゼント2
『メンタルブロックを取り除く技術』一流心理セラピスト秘伝動画

  • この記事を書いた人

spikoko

子供の頃から目に見えない世界・存在を自然と信じており、大人になってからは自分で学びを深めると共に、不思議なことを体験したり、不思議な仲間に囲まれるようになりました。 「視点を変える」「今ここを生きる」ということで人生がこんなにも変わるんだよ!諦めないで!ということを過去の自分のように悩む人たちに伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

-マインド

Copyright© スピココ! , 2022 All Rights Reserved.