お金・仕事

お金と自己価値の関係。収入が上がらない理由。

投稿日:

思い込みが作る世界。信念・ビリーフは感情から見つけて気がつくだけでいい。お給料制の仕事をしている方は、働いてるの内容に関係なく、一定の金額を一定の期間ごとに得ることができます。

たとえば時給で働くお仕事なら、一時間の間が忙しくても、すごーく暇でも、お給料は変わりません。

ですがそんなお給料制とは別に、自分でサービス業をしているような自営業の場合、仕事を契約するたびに自分の仕事内容に対して金額を決めないといけません。

わかりやすい例を出すと、あなたがマッサージ屋さんをオープンすることにしました。

メニューを決めるときに、60分コースで5,000円でもいいし、20,000円でもいい。

もちろんコースの内容や材料費に左右はされるものの、すごく安く設定する人もいれば、すごく高く設定する人もいます。

この違いは、自分の技術への自信の度合いだけなのでしょうか?

お金と自己価値の関係

あなたがお給料が安すぎる、収入が上がらないという不満があるのなら、それはもしかしたら自己価値が低すぎるせいかもしれません。

自己価値とは、自分には価値があると思えるかどうかのことを言います。

あなたには価値がありますか?それとも価値がありませんか?

人間の価値とはなんなのでしょうか?

そもそもこのようなことを考えたことはありましたか?

自分には価値がない、と思っている人は収入が上がりにくい傾向があります。

もしも価値がないと思っても、努力でカバーできるタフな人はいいのですが、価値がないといじけたまま何もできないでいると、現実は何も変わりません。

厳しいようですが、これはお金と自己価値のメカニズムなのです。

適正価格よりも安すぎる設定にしてしまう人たち

自営業をしていて、自分の提供するサービスに対して極端に安い値段しかつけられない人。これはとても多いんです。

仕事でなくても、最近ではminneなどハンドメイド作品を売るサイトなどでも商品の価値と見合っていない安すぎる値段設定をしている方をよく見かけます。

安い値段で販売されていると、買う側の人間は喜ぶかもしれませんが、あまりに安すぎるのはむしろ不信感を与えかねません。

価格設定は高過ぎても買う人がいないので、ちょうどいい適正価格をつけることが一番望ましい。

それはわかっていても、安すぎる価格設定をしてしまう人には、それなりの理由があるのです。

適正価格がわからない理由

自分の提供するサービスの適正価格がわからない理由は、主に2つあります。

自己価値が低すぎる

自分の提供するサービスにお金を払う人なんていないだろう

高い値段では誰も買ってくれるわけがない

自分に自信がなく、自己価値が低い人はこのように思いがちです。これはただの思い込みで、真実ではありません。でも自分を信じる力が弱いので、まともに客観視できていないのです。

自己価値が低いのは、自分には魅力なんてない、自分はダメなヤツだと常に思い込んでいる状態。

自分に魅力がなくダメなヤツだと思っていてもかまいませんが、思うだけで向上しないのでは、いつまでたっても何も変わりません。

魅力がなくダメなヤツだと思うなら、魅力をつける方法を考え、実践するしかないのです。

自己価値があまりに低いと行動力も削がれるので、やればいいというような簡単なことではないのですが、まずは自分がどれくらいダメなヤツなのか見つめてみましょう。

欠点に思う部分を直視するのは辛いことですが、そこを乗り越えないと自己価値は低いまま。

自信のオリジナルサービスでなくても、お給料が上がらない…と不満に思う方の多くは、実は自己価値が低いという原因も。

ぜひ自分が自分のことをどのように思っているのか、しっかりと見つめてみましょう。

周りが見えていない

低すぎる価格設定をしてしまうもう1つの理由は、周りをきちんと見ていない、視野の狭さがあります。

同じようなサービスが実際にどのくらいで売られており、評価を得ているのかという調査ができていません。

また、自分の競合サービスを自身で体験したことのない人も多いようです。

たとえば60分5,000円のマッサージと、60分30,000円のマッサージを受けたことがあるのなら、その価格の差の内容がわかるはずです。

ですが5,000円のマッサージしか受けたことのない人には、30,000円の高級マッサージの良し悪しはわからないのです。

調査にお金をかけられないとしても、ネットを使ってリサーチをするなどできることは山ほどあるはずです。

自己価値が低い場合はきちんと向き合う

適正価格をリサーチしてわかったとしても、自己価値が低く、自分のサービスに自信がないままでは適正な価格設定ができず、苦しむ人が多くいます。

また会社員だとしても、収入がなかなか上がらなかったり、正当な金額をもらえていないと感じるのなら、まずは自分の価値を考えてみてください。

それがあやふやなままだと、仕事をしても思い通りの利益を上げることは難しくなります。







\応援してね!/
PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

spikoko

子供の頃から目に見えない世界・存在を自然と信じており、大人になってからは自分で学びを深めると共に、不思議なことを体験したり、不思議な仲間に囲まれるようになりました。 「視点を変える」「今ここを生きる」ということで人生がこんなにも変わるんだよ!諦めないで!ということを過去の自分のように悩む人たちに伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

-お金・仕事

Copyright© スピココ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.