マインド

自分を責めるのはもうやめ!鏡の法則を知って、苦しい世界から脱出しよう。

投稿日:2019年4月8日 更新日:

自分を責めるのはもうやめよう。苦しい世界からの脱出方法。

今日も失敗をしてしまった

また怒られちゃった

なんで怒られるようなことをしてしまうんだろう

なんで普通にできないんだろう

ちゃんとやっているのに

気をつけているのにやらかしちゃう

私がダメなんだ

ダメな人間だから、周りを怒らせるようなことばかりやっちゃうんだ

でも明日はもっと頑張ろう

怒られないように気をつけよう

私が気をつけて、ちゃんとすればいいだけなんだから

私はずっとこんな風に思っていました。

私の場合、私のことを怒るのは夫です。

毎日のように何かしらで怒られる。大人なのに、子供みたいなことで怒られる。

情けないし、悲しいし、悔しい...

私の状態を知った人からは「モラハラ」とも言われ、どうしていいのかわからなくて悩んでいたものです。

 

だけど悩んでいた自分に、今の私から言いたいこと。それは「もう責めるのをやめろ!」です。

自分を責めただけ、世界は自分を責める

悲しいことに、自分のことを責めているほど世界はますます責めてきます!これは宇宙の法則の1つ「鏡の法則」です。

鏡の法則とは。幸せになりたいなら、幸せな心を作ろう>>

自分が自分に感じていることは、周囲の他人を使って自分に言われることになります。これは見事なほどに、良くできたシステム。

例えば私が私をダメなやつだと思っていたら、私の周りの誰かが「あなたはダメね」と直接言ってきます。または直接言葉では言われなくても、なんらかの出来事が起こり、「やっぱり私はダメなやつなんだな」って思ってしまうことが起こります。

私自身が体験したのは、モラハラという形でした。私は12年前に結婚してから、何年も夫のモラハラで悩んでいたのですが、まさしく夫は私の思い込みの代弁者でした。

私が私を責めている分、夫が私を責めてきたのです。

自分を大切にしたら、世界も自分を大切にする

自分が自分を責めていると、世界も自分を責めてくる...と言うことは、逆に自分で自分のことを大切にしたら、世界も自分を大切にしてきます。
以前、「ご自愛」と言う言葉が流行りました。「自分で自分を愛して、何よりもまずは自分のご機嫌をとる」と言うものです。

自分のことよりも、他人のことの方を大切にする方が多いけど、自分を犠牲にしてまで他人を大切にしてしまうのは、ご自愛とは正反対です。

他人を大切にすることで、自分のことも大切にできて、心から温かい気持ちになれるのであれば、それは自分を大切にしていると言えます。だから闇雲に他人より自分のことだけを考えろ、と言っているわけではありません。

自分を大切にする難しさ

自分が自分を責めていると、世界も自分を責めてくる

自分で自分のことを大切にしたら、世界も自分を大切にする

って、言葉で書くとシンプルで簡単そうだけど、実際に体現するのは難しかったりします。

自分を大切にするというのは、慣れていないとなかなかできないんです。つい周りの人の顔色を伺って、他人の気持ちばかりを考えながら生きている人が多いのです。

相手の機嫌に振り回されてしまう!?

私はあまり他人の顔色を伺う方だとは思っていなかったけど、夫の機嫌にいつも振り回されていました。

つい夫が不機嫌そうにしていると、私がどうにかしなきゃいけない!?と思って焦ってしまい、空回りすることが多かったです。

夫や身近な人が、いかに不機嫌であっても、それはその人の問題。その人の機嫌を伺う必要はないんですよね。それよりも「夫が不機嫌らしい。そして私はどうしたい?」と心に尋ねてみるのが大事です。

私が「夫の不機嫌を直して2人で仲良く話したい」と思えば、なんらかの方法で彼の機嫌を直そうと努力するかもしれません。でもそれは自己犠牲の上ではないんです。あくまで私が楽しみたいから、という想いがベースです。

また私が「不機嫌な夫は放っておいて、私は美味しケーキでも食べたい」と思えば、1人でケーキ屋さんに行ってしまうかもしれません。

自分を大切にすることに正解・不正解の行動というのはなく、自分の心の中の想いを中心に物事を進めるのがポイントです。これは簡単なことのようだけど、練習が必要です。

自分を好きになる必要はない

自分を大切にする、とは「自分の全てを好きになる」ということではありません。自分の全てを好きな人なんて、この世にいるのでしょうか?

私は私のことを大切に思いますが、嫌いな部分もたくさんあります。もっとこうだったらいいな、ここが直せたらいいな。なんて思うことばかりです。反省することもよくあります。

だけど、嫌いな部分もあって、反省もたくさんあるけど、私は私をこのままでOKだと思っています。欠点だらけ、ダメな部分だらけの人間でもOK!欠点はあるけど責めません。

また、夫に対してもそうです。夫のこういうところ嫌いだなぁなんてしょっちゅう思います。「もっと優しい言い方をしてくれればいいのに」とか「もう少し子供と遊んでくれればいいのに」とか...

でも欠点のある夫も、今のままでOK。「もっとこうして?」と要望を伝えることはあるけど、それが応えてもらえなくてもOK。

自分のことを欠点があってもOKだと思えていると、他人に対しても同じように欠点があってもOKだと思えます。

逆に言うと、他人に厳しい人って自分に厳しい人。文句ばっかり言ったり、他人の短所ばかり指摘する人は、他人を通して自分に文句を言っていることにもなります。

世界が変わる鏡の法則を知って苦しい世界を脱出しよう!

かつて自分のことを責めて、モラハラで悩んでいた私でも、今は自分のことを責めなくなりモラハラも卒業しました。

この鏡の法則に気がつくまで、本当に苦しくて、いろんな人に相談したり、お金もかけたし、泣いたことは数知れず。でも今となっては懐かしい思い出です。

過去の私に「早く気がついてー!もう自分を責めるのはやめろー!お前は今のままでいいんだよー!」って教えたいです。

今、生きづらさを感じているのなら、「鏡の法則」について探求してみてください。きっと世界が変わり、苦しい世界から脱出できますから^^

鏡の法則とは。幸せになりたいなら、幸せな心を作ろう>>

 

 

 







\応援してね!/
PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

spikoko

子供の頃から目に見えない世界・存在を自然と信じており、大人になってからは自分で学びを深めると共に、不思議なことを体験したり、不思議な仲間に囲まれるようになりました。 「視点を変える」「今ここを生きる」ということで人生がこんなにも変わるんだよ!諦めないで!ということを過去の自分のように悩む人たちに伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

-マインド

Copyright© スピココ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.