\理想の人生を引き寄せる方法公開!/

読者1万8,000人突破!
期間限定・今だけ無料プレゼント!

1,『潜在意識を書き換える方法』超実践保存版
2,『メンタルブロックを取り除く技術』一流心理セラピスト秘伝動画

マインド

いつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人なのか。6つの特徴

投稿日:

いつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人なのか。6つの特徴

いつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人なのでしょうか...

いつも笑顔で笑ってる人っていますよね。

そのような人はただ明るいだけではなく、過去に何かあった人だと言われています。

いつどこであっても明るく元気で笑顔な人は、実は過去に辛い体験があったりしたことで、悲しみは顔に出さないようになったのかもしれません。

この記事ではいつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人と言われる理由や、そのような人たちの特徴について書いています。

こんな方におすすめ

  • いつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人なのか知りたい
 

いつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人とは?

いつもニコニコ笑顔で笑っている人。

でも実は過去に何かあって、普段笑顔になっているのでは?なんて感じてしまいます^^;

私の周りにもいつも優しく笑顔で朗らかな方がいます。

誰と会っても、誰にでも明るく対応し、人当たりがよく人気者です。

でもあまりにも笑顔しか見せないと、「怒ったりしないのかな?」と思うことも

不自然なほど笑顔だったり、誰かに嫌味を言われているのにそれでも笑っている人を見ると、「いつも笑顔で笑ってる人は過去に何かあった人」なのかなぁなんて感じちゃいますよね。

 

いつも笑顔で笑ってる人の理由と特徴

いつも笑顔で笑ってる人はいくつかの理由と特徴が考えられます。

これを知っておけば「もしかして暗い過去がある!?」なんて、探らなくてもよくなるかもしれません。

  • 普通に明るい人
  • 実は人見知りで人と話すのが不安
  • 嫌われたくない気持ちが強い
  • 悲しすぎる過去を思い出したくない
  • 良い面だけを見たい
  • 自己表現が下手

 

特徴1,普通に明るい人

普通に根っから明るい人っていますよね。

そういう人はいつも元気で笑顔です。

ですが人間なので、嫌なことがあれば悲しんだり怒ったりします。

負の感情を表に出すのが苦手な人は、よほど仲の良い人以外には暗い面は見せないことも多いので、いつも笑顔に見えても、それはまだ気を許していないだけかもしれません。

 

特徴2,実は人見知りで人と話すのが不安

人見知りというと、初対面の人と話せない人をイメージする方が多いのですが、そうではなく人見知りだからこそ笑顔で接して壁をつくrタイプの人も多いです。

社会人になったら初対面の人と話さないといけない場面も多くなりますし、黙っていてはダメな状況も増えていきますよね。

だから外面は良く、誰とでも話せるように装うけど、本当は人見知りで、あまり初対面の人と話したくない人は多い物です。

私自身も初対面の人と話すことはできるけど、警戒心が強いので最初はかなり猫をかぶっています。

そんなふうに、普通に見えても実は人見知り、という人は多いのではないでしょうか。

 

特徴3,嫌われたくない気持ちが強い

本当の気持ちや感情は押し殺し、嫌われたくないが為に無理に笑顔で過ごしているケース。

子供の頃に人に嫌われて嫌な思いをしたことがあったり、なんらかのトラウマがあったり、または両親が厳しく不機嫌な顔をすると怒られたような人は、他人に嫌われることを極端に恐れる場合があります。

そうなると、本当は話したくないし、機嫌が悪い時だってあるのに、本心を隠して人前ではニコニコとしている人もいるのです。

人当たりがよく、好かれるかもしれないけど、本心を押し殺すのはとても苦しく、どこかでストレス発散をしないと病気になることもあります。

 

特徴4,悲しすぎる過去を思い出したくない

子供の頃に不機嫌な顔をしたり、感情をあらわにして怒ったりしたせいで、いじめられたり、嫌な気持ちになったことがトラウマとして心に深く刻み込まれているのかもしれません。

そのような人はまるでピエロのように、笑っているのか泣いているのか分からなくなったり、自分の気持ちが分からなくなるほど抑圧してしまうこともあります。

でも心は、泣きたい!怒りたい!と叫んでいるので、いつまでもピエロのように笑っているわけには行かないんです。

どこかでプッツンと糸が切れたように、気力を失ったり、笑顔でいることが辛くなる時期がやってきます。

 

特徴5,良い面だけを見たい

自分の怒りや悲しみなどの負の感情を受け入れることができない人も、いつもニコニコして良い面だけを表現しようとする人もいます。

本当は感情が湧いてくるのは自然なことなので、怒りや悲しみだけを抑圧するのは不自然なことなのですが、ネガティブな面を認めるのが怖すぎると、そこに向き合うことができなくなってしまうのです。

 

特徴6,自己表現が下手

怒られると何故か笑ってしまう
困ると笑って誤魔化してしまう

そんな人はいませんか?

よく「ヘラヘラするな!」なんて怒られる場面がありますが、まさにそれ。

怖かったり不安だったり、困ったりすると笑って誤魔化すタイプ。

このようなタイプの人は、他の人は笑っていないのにいつも一人で笑っているような状況が多くなります。

 

 

いつも笑っている人は大きく2タイプいる!

いつも笑っている人は過去に悲しい思い出があるせいで、本当は笑いたくないのに笑っているのかも!?

という方もいますが、実はそうではないタイプの場合もあります。

それは、「本当に楽しいと思って笑っている人」です。

常にポジティブな考え方ができ、良いことも悪いことも、どんな出来事も楽しい!と感じてしまう人なんです。

このようなタイプの人はクヨクヨしたり、ネチネチと思いを引きずることがなくさっぱりとしています。

そしてどんなことも面白がれるので、いつも視点がユニークで、普通の人が見落とすようなポイントを見つけて、心から愉快と感じているんです。

こういう人と一緒にいる人も、明るい雰囲気に呑まれ、なんとなく楽しい気持ちになってしまうでしょう。

 

いつも笑ってる他人の笑い方もポイント

「笑う」と一言で言っても、いろんな笑い方がありますよね。

ニヤニヤ、ニコニコ、ゲラゲラ、微笑み...などなど。

そして笑いにも「皮肉に笑う」「楽しくて笑う」「悪巧みしてニヤける」など、いろんな意味があります。

 

人にはそもそも生まれ持った性質で「陰」と「陽」のタイプに分かれると言われています。

「陰」のタイプの人は皮肉っぽいシュールな笑いが好みなので、ゲラゲラと豪快に笑うよりは、ふふふっと静かに笑うことが多いでしょう。

一方、「陽」のタイプの人は豪快で大胆、カラッとした笑いが好みです。

こんなふうに、同じ笑いであってもその人の性質ごとに、いろんなバリエーションがありますよね。

 

 

いつも笑っている人の笑顔の仮面

一部の人を除いては、いつも笑っている人は、笑顔の仮面を被っていると言っても良いでしょう。

過去に何かあったわけではなくても、処世術として笑顔でいることを選んでいるのです。

もしそれが抑圧が強く苦しいことなら、いずれ神経がまいって疲れ切ってしまうことにつながるかもしれません。

ですが笑顔でいる方がメリットがあるから、彼らはいつも笑っていることを選択しているんですよね。

 

いつも笑っている人は優しいのか弱いのか

いつも笑っている人は、自分が笑うことで周囲に対して良い影響を与えられると考えているのです。

自分が怒ったり不機嫌な顔をすると、その場の状況が悪くなると考えているのかもしれません。

それは周囲への配慮であり、彼らなりの優しさなのかもしれませんね。

ですがもしも、自分の不安や困った気持ちを隠す為にヘラヘラと笑っているだけなら、周囲からは良い評価はもらえないでしょう

いつもニコニコ笑っている人

いつもヘラヘラしている人

はかなり意味が違います。

そしてそれは周りの人から見たら、一目瞭然なんですよね。

 

\潜在意識を書き換える方法プレゼント!/
「引き寄せの法則がわかった!」「知りたかった魂の使命がわかった」などの嬉しい声が多数!

読者1万6,000人突破!
期間限定・今だけ無料!

★プレゼント1
『潜在意識を書き換える方法』超実践保存版

★プレゼント2
『メンタルブロックを取り除く技術』一流心理セラピスト秘伝動画

  • この記事を書いた人

spikoko

子供の頃から目に見えない世界・存在を自然と信じており、大人になってからは自分で学びを深めると共に、不思議なことを体験したり、不思議な仲間に囲まれるようになりました。 「視点を変える」「今ここを生きる」ということで人生がこんなにも変わるんだよ!諦めないで!ということを過去の自分のように悩む人たちに伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

-マインド

Copyright© スピココ! , 2022 All Rights Reserved.