持つだけで金運アップ!
可愛くて使いやすい開運財布

今がお得!開運長財布を見る▶︎

マインド

5年前の服を着てはいけない理由と断捨離方法。ユニクロの服は5年以上着ています

投稿日:2022年7月16日 更新日:

5年前の服を着てはいけない理由と断捨離方法

5年前の服を着てはいけない理由と断捨離方法

「5年前の服を着てはいけない」と言われたけど、その理由を知りたい。

そんなあなたへ、5年前の服を着てはいけない理由や断捨離方法について解説していきます。

結論からいうと、5年前の服を着てない理由は以下の通りです。

  1. 服の痛みが目立つ
  2. 流行遅れになっている
  3. サイズが変わっている
  4. 年齢に似合わなくなってしまっている
  5. 運気が停滞してしまう
  6. 着心地が悪くなっている

1つ1つ記事で解説していきますが、必ずしも「5年前の服を着てはいけない」というわけではありません

このようなネガティブな一面もあれば、節約や物を大切にしたいというポジティブな一面もあるからです。

捨てるか残すか、あなたが気持ちよく生活ができる方を選びましょう。

この記事で分かること

  • 5年前の服を着てはいけない具体的な理由が知りたい
  • 5年前の服を断捨離したい
  • 5年前の服を残すか捨てるか迷っている

こちらもチェック▼
断捨離はスピリチュアル的効果あり!金運・恋愛運アップも>>

偉そうな人の末路とスピリチュアルの関係>>

5年前の服を着てはいけない6つの理由

5年前の服を着てはいけない!と言われる理由は、以下のようなことがあるからです。

  1. 服の痛みが目立つ
  2. 流行遅れになっている
  3. サイズが変わっている
  4. 年齢に似合わなくなってしまっている
  5. 運気が停滞してしまう
  6. 着心地が悪くなっている

1つ1つ説明していきますね。

こちらもチェック▼
手のひらがかゆい時のスピリチュアル的な意味は?お金持ちになれる!?>>

理由1,服のダメージが目立つ

5年も服を着用し続けていると、首元がヨレヨレになったり、色が褪せたりとどうしてもダメージが目立ってしまいます。

ダメージがある服を着てしまうと、だらしない印象になってしまうものです。

また貧乏臭くも見えてしまいますよね。

人からだらしない印象を持たれたくないのであれば、ダメージのある服は手放すとよいでしょう。

こちらもチェック▼
引き寄せの法則がすごすぎる!実話とお金に関する前兆>>

理由2,流行遅れになっている

服の流行の移り変わりはとても早く、1年という短いスパンで変わっていきます。

5年も前の服となると、モノによっては流行おくれの印象があるかもしれませんね

自分が服のデザインをとても気に入っていて、傷みもなく、他人からどう思われても気にしないような方でしたらそのまま着用してもよいでしょう。

ユニクロや無印良品のようなシンプルなデザインの洋服であっても、微妙に流行りの形が異なります。

見る人が見れば「古い服を着ているなぁ」と思われてしまうかもしれません。

こちらもチェック▼
神聖幾何学模様とは?3つの効果と意味や使い方>>

理由3,サイズが変わっている

5年の月日が経つとライフステージと共に、体型も変化している場合があります。

太ってしまった場合、デニムが窮屈になってしまい、ボディラインが目立つこともあるでしょう。

洋服のサイズが体に合っていないと着心地も悪いし、見栄えも良くないものです。

5年前の服を着る際には、全身が映る鏡でしっかりと確認する作業が必要です。

こちらもチェック▼
クリスタルチルドレンとは?特徴や能力まとめ>>

理由4,年齢に似合わなくなってしまっている

もしも体型が変わらず、「まだ着られるから」と5年前の服を着続けた場合、顔の印象と服の印象が合わなくなってしまっていることがあります

自分が本当に気に入っていて、他人の目が気にならないのであれば、着たい服を着用してよいと思います。

しかし、年相応の服を着たいのであれば、着ている服が若すぎていないか、違和感がないかなど鏡を見て確認してみてください。

こちらもチェック▼
ありがとう効果がすごい!心の中で唱える効果とは>>

理由5,運気が停滞してしまう

風水では、古い服を持ち続けていると運気が停滞してしまうとされています

また、5年も着用していれば、定期的にクリーニングをだすなど特別なケアをしていない限り、汚れは溜まっているものです。

スピリチュアル的に見ても、汚れたものは運気が下がってしまう原因になるので、古く汚れてしまった服は思い切って手放し、運気を上昇させていきいましょう。

古いものには邪気が溜まりやすくなります。

ですが大事に使っていれば、邪気が溜まることもなく、運気が下がることもありませんが、勿体無いからと惰性で着続けるのは良くありません。

こちらもチェック▼
お金・豊かさを引き寄せるアファメーション。効果絶大な例文22>>

理由6,着心地が悪くなっている

5年前の服であれば、ゴワつきや匂いなど、着心地が悪くなっている場合があります。

肌に直接触れるものですので、違和感があればストレスを感じてしまいますよね

1日を快適に過ごしたいのであれば、着心地が悪くなっている服は手放した方がよいでしょう。

こちらもチェック▼
アファメーションとは。これを読めば意味と効果がわかる!>>

風水的に見る5年前の服の影響

風水では服に限らず古いものには古いエネルギーが溜まり、持ち続けていると運気を下げるとされています。

5年前の古くなった服は、過去の記憶やエネルギーが残っています。

そのエネルギーが重たくなるので、着続けていると、自分自身も重たいエネルギーをまとってしま宇野です。

新しい服でも負のエネ流ギーを感じたら手放そう

新しい洋服であっても、その服を着ている時に嫌な思い出を作ってしまった...という場合には、手放した方が良い場合もあります。

例えば

  • その洋服を着るたびに、別れた彼を思い出して悲しい気持ちになる
  • 大嫌いな人とお揃いの服を買ってしまった

など、負の感情を抱いてしまうような服は、まだ5年経っておらず新しいものだとしても手放した方が、気が軽くなり、運気を下げないで済みます。

5年前の服でも着ても良い場合はある?

これまで、5年前の服は着てはいけない理由をあげましたが、ここからは、5年前の服でも着ても良い場合をあげていきます。

5年前の服でも着てもいい場合は以下の5つです。

  1. 金銭的に厳しい状況
  2. 部屋着として使っている
  3. 流行に左右されないシンプルなデザインのもの
  4. ヴィンテージものの服
  5. 状態がよく本当に気に入っているもの

1つ1つ見ていきましょう。

こちらもチェック▼
ミニマリストの末路が悲しすぎる>>

良い理由1,金銭的に厳しい状況

金銭的に厳しくて、新たな服を買う余裕がないのであれば、5年前の服でも問題ありません。

家計の事情や人の価値観はそれぞれですので、身の丈に合った生活を心がけましょう

服にお金かけない代わりに、趣味や食事などの日々の楽しみにお金をかけてもいいですね。

良い理由2,部屋着として使っている

5年前の服を着用していての大きな問題は、「着心地」と「他人の目線」になります。

完全に部屋着として使っていて、着心地も気にならないようでしたら、5年前の服でもよいでしょう。

自分の感覚で判断して、選ぶといいですね

良い理由3,流行に左右されないシンプルなデザインのもの

5年前の服でも、流行に左右されないシンプルなデザインのものなら着続けることができます。

例えば無地のパーカーといった羽織りものなどです。

素材がよく値が張るものや、扱い方が丁寧でしたら服に傷みも少ないはずです。

近くのコンビニやスーパーで着用する分には全く問題ありません。

良い理由4,ヴィンテージものの服

ヴィンテージものなど、年数が重ね味がでてくることで価値があがる服は5年前のものでも堂々と着用できますね。

特に、アメリカ製のジーンズや革製品は年数の経過で味が出てきますので、その経過を楽しむことができます

1つのものを長く愛用したいのであれば、ヴィンテージものを取り入れてもいいですね。

良い理由5,状態がよく本当に気に入っているもの

5年前の服を着てはいけない大きな理由は「他人の目線」と「着心地」と説明しましたね。

その理由としては、ダメージのある服を着ていると自分の評価が下がってしまう恐れがあるからです。

ですが、他人の目線が気にならず、自分の好きなものを着ていたいという強いこだわりがあれば、5年前の服でも自由に着ても良いのではないでしょうか

5年前の服を捨てられない人へ、断捨離の見極め方

5年前の服を捨てられないあなたは、もしかすると服が溢れて管理が難しい状態になっているかもしれません。

そこで、なかなか服を手放せない人へ断捨離の見極め方をお伝えします

服が片付いて、家がシンプルになれば風水的にも運気があがるので、ぜひ試してみてくださいね。

手放す服の基準を知る

物持ちがよく、なかなか服が捨てられない場合は、手放す服の基準を知るとよいでしょう

手放す服の基準は以下の通りです。

・色褪せ・毛玉・首元のヨレなどダメージがある
・サイズアウト
・年齢に合わない

これらに当てはまる場合は手放す候補として挙げておくといいですね。

もったいなくて捨てられない場合のコツ

5年以上前の服であっても、勿体無くて捨てられない!という人もいますよね。

私も洋服を捨てるのに罪悪感を感じるときは、このように工夫をしているのでご紹介します!

コツ1,小さく切って雑巾に使ってから捨てる

私は洋服を捨てる時、リサイクルに出せないような古いものなら、四角く切って、玄関のたたきを拭く雑巾としてストックしておきます。

そして掃除をしたら、そのまま捨てます。

リサイクルをすることで、ものを捨てる罪悪感から解放されます。

コツ2,かわいい生地は端切れとしてとっておく

私は手芸が趣味なので、かわいい生地の洋服は端切れとして取って置いています。

コツ3,迷ったら捨てずに一時保管

手放す基準に当てはまった服だとしても、すぐに手放す必要はありません

すぐに捨てないといけないと思うと、断捨離の手も止まってしまうものですよね。

捨てなくてもいいので、まずは段ボールなどに一時保管しておきましょう。

2〜3ヵ月後にもう一度見直して、必要ないと思ったものを手放していきましょう。

コツ4,枚数を決める

自分の管理できる枚数分だけ持つと決めると、断捨離もしやすくなります

例えば、3日1回の洗濯であれば、最低4枚あれば洋服は足りますよね。

4枚気に入ったものを決めて、残りは手放す候補に挙げていきましょう。

ユニクロの服は何年もつ?

ユニクロの洋服は安価で安定したデザインが魅力ですよね。

日本のメーカーだから、安いけど縫製もしっかりしているので、何回も洗濯をしても着続けることができます。

ですがそんなユニクロの洋服でも1~3年ほどで買い替えた方がいいと言われています。

ダウンには「3年で劣化する」と記載もされているのです。

ユニクロの服、5年以上着ています

私は1着だけ、5年以上着ているユニクロの服があります。

それはタートルネックで、二色持っていましたが、一つは袖の部分が破けて捨てました。

ですがもう一つは全く痛まないのでずっと着ているんです。

毛玉もできないし伸びない。

本当にユニクロの服は優秀ですよね!

【まとめ】5年前の服を着てはいけない?判断に迷ったら

今回は、5年前の服を着てはいけない理由について解説しました。

5年前の服を着てはいけない理由として、

  1. 服の痛みが目立つ
  2. 流行遅れになっている
  3. サイズが変わっている
  4. 年齢に似合わなくなってしまっている
  5. 運気が停滞してしまう
  6. 着心地が悪くなっている

がありましたね。

どうしても5年前の服を着たい場合は、「他人から何を言われても気にしないでいれるぐらいこの服を着たいのか」を考えるといいでしょう

「他人の目が全く気にならないぐらい5年前の服がいい」という強い思いがあれば、堂々と服を着て楽しんでください。

逆に「この服を着て、他人から変に思われたらどうしよう……」と不安があれば、思い切って手放して新しい服を取り入れた方が気持ちよく過ごすことができますよね

喪服など長く着る服もある

私は喪服は20年前に買ったものを今でも使っています。

長く着るために、そこそこ高い喪服を買ったし、太らない限り一生着たいと思っています。

喪服は流行り廃りはありませんし、滅多に着ないのでちゃんとしまっておけば長く着られるものです。

そのような服は5年以上前のものでも良いですよね。

持つだけで金運アップ!
極限までこだわった開運財布

最高レベルの金運UPが体験できる財布▶︎
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kaeru

引き寄せの法則・地球の仕組みマスター講師 / ライフカラー講師/占いライター 占いに関する記事を担当しています。今流行りの電話占いについてのルポやおすすめ情報などをお届けしていきます! 占いはハマる人が多いですが、占いと上手に付き合っていけるような記事も書いていきたいです。

-マインド

Copyright© ツインレイ・エンジェルナンバー・スピココ! , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.